看護師の転職活動は辞めてから?【在職中】【退職後】

今の病院やクリニックなどから転職を考えたときに転職活動をいつ行えばよいのかを悩みます。

結論 転職活動は辞めてからでなくてもできます。

それぞれにはメリットデメリットがあります。

在職中が良いのか退職後に行った方がよいのか。

どちらが効率の良い点しく活動を行えるのかを見ていきましょう。

本記事でわかる事

  • 転職活動にするべきこと確認しておくこと
  • 在籍中に転生活動をするメリット・デメリット
  • 退職後に転職活動をするメリット・デメリット
  • 転職活動は辞めてからでなくても出来る

看護師を辞めてから転職活動するべき?それとも辞める前?

転職を考えて転職活動をする前に続けながら転職活動を行うのか。

辞めてから転職活動を行った方が良いのか悩んでいる方も多いです。

転職活動には時間もかかります。転職するまでの流れとどちらが良いのかの提案をします。

転職活動にするべきこと確認しておくこと

初めにしないといけないことは退職の意思をを伝えなければなりません。退職を申し出る場合は退職希望の1ヶ月前までが伝えるところが多いです。

法律では2週間前となっていますが引継ぎや自分の仕事にやり残しがないかなどの確認などで1ヶ月前が理想です。

特に看護師は人手不足なので一日でも働いてもらった方が病院側も喜ばれます。双方が良い形で円満退職が出来るでしょう。

退職金が出る場合は期間などを確認して数ヶ月で退職金が出るのであれば期間が過ぎてから転職活動を行った方が良いでしょう。

転職活動はどのくらいの時間がかかるでしょう。

転職活動は一般的に3ヶ月くらいはかかると言われています。

どんな病院でも良いと思っているのであればすぐに新しい病院が見つかりますがあなたが思っている病院を見つけ出すには時間がかかります。

在職中に転職活動をするメリットデメリット

在籍中に転職活動をするメリットデメリットを見ていきましょう。

在職中に転職活動をするメリット

在職中に転職活動をするメリットは

  • ① 転職活動の期間がない
  • ② 無職の期間がないので収入が途切れない
  • ③ ブランクがないので印象が良くなる
  • ④ 保健・税金の手続きの必要がない

このようなメリットがあります。

転職活動の期間がない

仕事を辞めてしますと早く次の転職先を見つけなければなりません。

仕事を辞めてしまうと焦りが出てしまい妥協して次の転職を選択してしまいます。

仕事を続けながら転職をすると期間が決まっていないためあなたが理想の転職先を見つけることが出来るでしょう。

無職の期間がないないので収入が途切れない

仕事を続けながら転職活動をすることで収入面の不安はありません。

収入がなくなると不安になります。

不安になると少しでも早く転職をしなければいけないと焦ってしまい本来の転職目的を失ってしまう可能性があります。

そういった部分ではメリットになるでしょう。

ブランクがないので印象が良くなる

ブランクがないことで印象が良くなります。

ブランクがない事よりも在籍している病院の業務を最後まで終わらせてから転職となるとこの人は最後まで責任感がある人だと言う良い印象を与えることが出来ます。

保健・税金の手続きの必要がない

退職して、すぐに再就職しない場合は保険・年金・税金の手続きが必要になります。

保険や年金は下記のことをそれぞれを選択し税金はそれぞれ納付します。

健康保険

  • ① 国民健康保険に加入
  • ② 元の職場の社会保険の任意継続
  • ③ 家族の健康保険に扶養家族として加入

年金

  • ① 国民年金
  • ② 配偶者の扶養家族として加入

所得税

退職後、同年内(12月末)までに再就職しない場合は
翌年確定申告

住民税

前々年度の残金及び前年分を送付される納付書に従って納付

上記の事を処理しないといけません。

ブランクを空けないことで手続きをする必要ないのがメリットです。

在職中に転職活動をするデメリット

在職中に転職活動をするデメリット

  • 仕事をしながらの転職活動は時間が限られる
  • すぐに辞めさせてもらえるか不安

仕事をしながらの転職活動は時間が限られる

仕事をしながらだと転職活動は時間が限られます。

転職活動を行うにも仕事で時間がとられ転職に集中できません。

時間をかけることが出来ず理想の転職先を見つけ出すのが難しくなります。

仕事を続けながらの転職のデメリットでしょう。

すぐに辞めさせてもらえるか不安

いざ新しい転職先を見つけたものの、辞めるとなったら現在の職場の上司はなかなか辞めさせてくれないでしょう。

上司には人事管理の部分で自分の評価を落とす可能性があるからです。

そのためあなたを引き留めにかかります。

基本職場には退職を認めないという権限はないのですが簡単には退職をさせてもらえない可能性があります。

内定をもらってもいざ辞めるときに揉めてしますと円満退社とはなりません。

退職後に転職活動するメリットデメリット

退職後に転職活動するメリットデメリット見ていきましょう。

退職後に転職活動するメリット

  • 時間に余裕がある
  • 新しい転職先にすぐに働くことが出来る

時間に余裕がある

仕事をしていないので時間に余裕があります。

じっくりと時間をかけて条件などをみて転職活動が出来ます。

時間に余裕がある分転職活動はうまくいくでしょう。

新しい転職先にすぐに働くことが出来る

仕事をしていなければ

新しく決まった転職先の要望通りの

予定で就職することが出来ます。

相手にもすぐにでも働いてもらえればイメージは良いでしょう。

退職後に転職活動するデメリット

  • 収入がなくなるため不安がある
  • 仕事のやる気が無くなる
  • ブランクが長いと印象が悪くなる

収入がなくなるなるため不安

退職後には収入がなくなります。

予期せぬ出費などがあったらどうしようなどと

不安を感じながら転職活動をしなければいけません。

不安から早く就職しないといけないと思い

転職目的を見失ってします可能性があります。

仕事のやる気が無くなる

仕事を辞めてしますと

少しはゆっくりしたいと思ってしまうものです。

そういったことで転職意欲が無くなるとともに

仕事への意欲そのものをなくしてしまう可能性があります。

ブランクが長いと印象が悪くなる

少し休むつもりが長い期間休んでしまって

知らずのうちにブランクが長くなってしまいます。

面接などで休んでいた期間は何をしていたなど

聞かれたときにどうこたえるのかを悩みます。

そうならないように早めに就職先を見つけましょう。

看護師の転職活動は辞めてからでなくても出来る

結論でも看護師の転職活動は辞めてからでなくても出来ます。

むしろ在職中に転職活動をするほうが良いです。

ではどのように転職活動を行ったらいいでしょうか。

転職サイトを利用することで

在籍中・退職後のメリットデメリットが解消されます

なぜ転職サイトを利用したほうが良いのか

 

収入を確保できる・時間を使わない・理想の病院を見つけ出してくれる・多くの非公開求人がある・看護師専用なのに無料

これだけのメリットがあります。

登録して条件を伝えたら後は仕事をしながら待つだけです。

さらに複数の転職サイトを利用したほうが転職の成功率は大幅にアップします。

おすすめの看護師の転職サイト

マイナビ看護師  



ココがおすすめ

① 医療系転職支援サービスのプロがサポートしてくれるので安心

② 採用担当者からでなく医療機関に直接足を運び現場からの意見も聞いてくれる

③ 全国にオフィスを展開しているので、圧倒的なネットワークで好条件の非公開求人も多い

    登録無料 簡単1分登録フォーム

公式サイト マイナビ看護師

看護のお仕事 



ココがおすすめ

① 看護師の生活に合わせた「24時間電話対応」

② 各地ごとに専任のコンサルタントがいることで「地域密着型」の提案が可能

③ 業界最大級の「非公開求人」保有

   登録無料 カンタン1分登録フォーム

公式サイト 看護のお仕事

ナースジョブ 


ココがおすすめ

 圧倒的な求人数

② お祝い金 最大40万円

③ 厚生労働省認可

④ 利用者数2万人以上

        登録無料 簡単登録

公式サイト ナースジョブ

特徴でわかるオススメの看護師転職サイト!口コミや評判は参考にならない?

看護師が転職を考えたときに思いつくのが看護師の転職サイトです。 看護師の転職サイトがありすぎて、「どこの転職サイトが良いのか?」「評判の良い看護師転職サイトはどこ?」と悩まれる方も多いのでないでしょう ...

続きを見る

まとめ

転職活動は辞めなくても出来ます。

だったら最高の転職方法を選びましょう。

-看護師転職疑問
-

© 2021 さえオヤ