【男性看護師は実際どうなの?】気になる疑問を解決

看護師が目標

看護師になりたいのですが

男性看護師は実際はどんな感じですか?

看護師と言ったら女性のイメージがあると思います。

近年では男性看護師が活躍している職場も多いです。

女性が多い職場だし男性は活躍できるかな?など思ったりしていませんか?

本記事では男性が看護師を目指すのにあたり実態と何に気を付けないといけないのかを解説します。

本記事でわかる事

  • 男性の看護師は実際どうなの?
  • 男性看護師ならではの悩み
  • 男性看護師将来性

男性看護師は実際どうなの?

看護師と言ったら女性のイメージがあります。

自分は男性だけど大丈夫かな?など心配になることもあります。

看護師は男性でも活躍できる職業になりつつあります。

男性だからと心配はいりません。

さらに男性看護師について詳しく見ていきましょう。

男性看護師は実際どのくらいいるの?

男性看護師は看護師の中でどの位いるのでしょう。

男性看護師の割合は7.3%となっています。女性の92.7%に比べて極端に少ないです。

准看護師の男性の割合は6.9%と正看護師に比べると0.4%ほど少なくなっています。

男性看護師に人数は増加傾向にあります。

出典:厚生労働省「平成 28 年衛生行政報告例(就業医療関係者)の概況」

男性看護師に求められる役割

男性看護師も女性看護師と仕事内容は変わりません。

男性看護師は力があるので患者の移動などで重宝されます。

女性が多い職場なので男性看護師が緩衝材の代わりになり仕事を円滑に進めることが出来ます。

仕事を円滑に進めるため積極的に採用をする病院も増えてきています。

男性看護師ならではの悩み

男性看護師はまだまだ多いとは言えません。

女性が多い職場なのでどのような付き合い方が良いのでしょうか。

男女の境界をなくす

男性看護師は女性看護師と仕事を出来るとは限りません。

患者さんの中には男性看護師を敬遠する人もいるからです。

患者さんが女性ならなおさらです。

しかし、男性看護師に向いた仕事もあるのも事実です。

力を使う仕事なら積極的に参加していきましょう。

小さな事にも気を付けて仕事をすることでより良い職場環境になるでしょう。

男性看護師にはわからない女性ならではの悩み

看護師の多くは女性です。

男性看護師は男性基準で物事を見てはいけません。

女性は些細な事でも気にしてしまいます。

女性ならではの体調を理解しておきましょう。

清潔感や身だしなみに気を付ける

工場のような汚れても良い職場ではありません。

女性も多いので清潔感や身だしなみは特に気を付けた方が良いでしょう。

男性看護師の将来性

現在男性の少ない看護職です。

今後男性看護師はどのようになるのでしょうか。

男性看護師の将来性について考えましょう。

男性看護師の可能性は未知数

看護師はまだまだ男性の割合が少ないです。

今後男性看護師が増えることで活躍の場所も広がります。

まだまだ多くのチャンスがあります。

まとめ

まだまだ男性看護師の可能性は無限大です。

この先どうなるのかはま誰にもわかりません。

これからは男性の看護師活躍の場は広がります。

男性の看護師といって考える必要もないでしょう。

-看護師悩み
-

© 2021 さえオヤ