看護師の院内恋愛はOK?問題ないけどメリットデメリット

新人看護師

院内恋愛は大丈夫ですか?

もし問題ないなら院内恋愛もいいかなと思って。

実際、院内恋愛はどうなんでしょか?

問題があるのか問題なしなのか

結論から言いますと

一般的には問題ありません

しかし、個人の見方によっては多くの問題があるのも事実です。

何が問題で何が問題じゃないのかを見てみましょう。

本記事でわかる事

  • 看護師の院内恋愛は問題ない?
  • 院内恋愛のメリットデメリット

看護師の院内恋愛は問題ない?

院内恋愛の細かいところを見ていきましょう。

院内恋愛のメリット

院内恋愛は良い事ばかりではありません。

もちろん、メリット・デメリットがあります。

初めにメリットを見ていきましょう。

院内恋愛は仕事のことを理解してもらいやすい

院内恋愛ということは

仕事の内容やその他の情報を共有できます。

そういった点では相手のことを理解しやすく相手に話などを聞いてもらうことでストレス発散のもなります。

お互い余り束縛しなくなる

同じ職場なので勤務時間の管理がしやすいです

なので今日は何していたなどと相手を気にすることがないでしょう。

結婚したら収入の安定

院内恋愛ということは病院関係の人だと思います。

年収をみても医療従事者の給与は一般的な給与よりおおいです

その為、世帯年収を見たときに一般的な家庭より裕福な生活ができるでしょう。

子供がいたら育てやすい

病院には保育所の併設されたところも多いです。

夫婦が同じ職場なら勤務を上手く調整してもらい

子育てに穴が開かないように働き方を考えてくれます。

そういった点からとても子育てがしやすいでしょう。

良い事ばかりではない!!院内恋愛のデメリット

先ほどは院内恋愛の良いところを述べました。

もちろん、デメリットもあります。

デメリットを考えていきましょう。

周りに気をつかわせる

同僚が気を使います。

本人たちは気にしてなくても意外と周りが気を使っています

中には相手の悪口などを聞くこともあります。

それを我慢することができるかどうかです。

別れたときがキツイ

もし、なんだかの理由で別れてしまったときはとてもきついです。

これは院内恋愛だけの話ではないのですが

そういったリスクも考えておきましょう。

一度でも噂になると払拭しにくい

一度でも噂になってしますとなかなか払拭しにくいです。

そういったことが原因で退職をしていく方もいます。

違う意味での人間関係の問題です。

ここが一番重要でしょう。

まとめ

最終的には自分で判断に任せるしかないです。

しかし、周りの多くの人が気を使っているのを

忘れないでいましょう。

-看護師悩み
-,

© 2021 さえオヤ